全 3 件を表示

¥400,400¥401,500 (税込価格)
¥415,800¥416,900 (税込価格)

市場で最も強力な小型ターボシリーズ

Garrettはこれまでこのサイズでは達成できないと考えられていたパフォーマンスを実現しました。1から新開発したGシリーズは小さなタービンサイズで業界トップクラスの出力能力を発揮しながら、レース業界・パフォーマンス業界のハードコアな要求を満足するよう作られております。
Gシリーズ G30-660ターボは、1.4L~3.0Lまでのエンジンに適応し、最大660馬力を発生します。G30シリーズは非常に効率が高く、他の同等サイズの製品を圧倒するポテンシャルがあります。

新設計されたコンプレッサーとタービンのエアロダイナミクスを高耐熱素材で製造することで、パフォーマンスの限界を押し上げることに成功しました。

Gシリーズの新しい名称は、ターボ業界をリードする新時代のテクノロジーとイノベーションを表現しています。

製品名の解説:G30-660 

Gは、80年以上続くGarrettの伝統を表します。
30はターボのサイズを分類しています。
最後の3桁はターボの最大定格出力を表します。
(この場合、最大定格出力は660馬力です。)

G30 Garrett

コンプレッサーエアロダイナミクス

鍛造削り出しビレットコンプレッサーホイールと最新のエアロダイナミクスにより、最大定格出力とレスポンスが向上します。 CFD解析を反映させた新設計コンプレッサーホイールにより、77%の効率を保ちつつ、エアフローがGTX GEN IIターボと比較して60mmの場合は最大15%、67mmの場合は30% 増加します。コンプレッサーホイールは9枚のブレードを備えており、より広いコンプレッサー作動領域を実現しています。
取付場所に制約のある車輛や左右シンメトリーなツインターボの取り付けを希望するユーザー向けに、標準回転と逆回転の2つのバリエーションを用意しております。

G30 Compressor Aero

スピードセンサー

コンプレッサーハウジングには、サージングを低減するためにマシニング加工で製作されたポーテッドシュラウドが備えられています。同じくマシニング加工で製作されたスピードセンサーポートを備えており、オプションのスピードセンサーを装備することによりターボのシャフト回転速度を測定することができ、ターボの理想的な作動条件をセッティングするのに寄与します。
新設計のスピードセンサー※は取り付けが簡単で、従来のセンサーのように取付時、細かく調整する必要がありません。カバーを取り外して、スピードセンサーを挿入してボルトを締めるだけで装着できます。また、コンプレッサーハウジングとバックプレートの間にOリングを追加し、ブースト漏れの対策を講じております。
※Gシリーズ向けスピードセンサーは従来のGT・ GTX系に使用するセンサーとは互換性がありません。

センターカートリッジ

新設計されたモノブロックタイプのセンターカートリッジとバックプレートは、部品点数を減らすことにより、耐久性と製品の信頼性・安全性を向上させます。センターカートリッジとタービンハウジングはVバンドにより接続されるため、ウェイストゲートタイプのタービンハウジングの場合、取付角度を360°自由自在に回転させることができます。

Center Housing G30

ウォータージャケット

4箇所の大きなウォーター ジャケットを備えることによりターボの冷却能力が向上し、ウォーターラインの取付箇所が変更できるのでターボ装着の自由度が向上しております。6AN ウォーターラインフィッティング2個とメクラ蓋2個が標準で付属しています。
※ウォーターラインは通常センターカートリッジの対角線上を通るよう接続することを推奨いたします。

オイルライン

オイルインレットから加圧されたオイルを新設計されたオイルキャビティを通り、センターカートリッジ両端から適切にボールベアリングを潤滑します。
推奨油圧40 psi(276kPa) をターボに供給できるよう1 mmオリフィスを備えた4ANオイル リストリクターフィッティングが1つ標準で付属しています。

ホイールシャフト–ツインピストンリング

ショートベアリングカートリッジ(8mm デュアルセラミックボールベアリング)を採用することにより、ホイールシャフトの両側にツインピストンリングを装着することができました。これにより、センターハウジングからコンプレッサー側やタービン側へのオイル漏れの発生率が減少します。

タービンホイールエアロダイナミクス

タービンホイールは、ブースト圧とレスポンスを向上させるため全く新しいエアロダイナミクスを備えています。この新設計タービンホイールは、最高1050℃の排気ガス温度に耐えられる超合金Mar-Mで製作しています。
新型のタービンホイールはGTX GEN IIターボより流量が5%多くなっており、ピーク効率は74%です。

Turbine Wheel Aero G30

タービンハウジング

Gシリーズのタービンハウジングはステンレスで作られており、究極の耐久性と1050℃までの耐熱性を備えています。
タービンハウジングは、Vバンド、オープンボリュート、様々なA/R比をご用意しております。

市場で最も強力な小型ターボシリーズ

Garrettはこれまでこのサイズでは達成できないと考えられていたパフォーマンスを実現しました。1から新開発したGシリーズは小さなタービンサイズで業界トップクラスの出力能力を発揮しながら、レース業界・パフォーマンス業界のハードコアな要求を満足するよう作られております。
Gシリーズ G30-660ターボは、1.4L~3.0Lまでのエンジンに適応し、最大660馬力を発生します。G30シリーズは非常に効率が高く、他の同等サイズの製品を圧倒するポテンシャルがあります。

新設計されたコンプレッサーとタービンのエアロダイナミクスを高耐熱素材で製造することで、パフォーマンスの限界を押し上げることに成功しました。

Gシリーズの新しい名称は、ターボ業界をリードする新時代のテクノロジーとイノベーションを表現しています。

製品名の解説:G30-660 

Gは、80年以上続くGarrettの伝統を表します。
30はターボのサイズを分類しています。
最後の3桁はターボの最大定格出力を表します。
(この場合、最大定格出力は660馬力です。)

G30 Garrett

コンプレッサーエアロダイナミクス

鍛造削り出しビレットコンプレッサーホイールと最新のエアロダイナミクスにより、最大定格出力とレスポンスが向上します。 CFD解析を反映させた新設計コンプレッサーホイールにより、77%の効率を保ちつつ、エアフローがGTX GEN IIターボと比較して60mmの場合は最大15%、67mmの場合は30% 増加します。コンプレッサーホイールは9枚のブレードを備えており、より広いコンプレッサー作動領域を実現しています。
取付場所に制約のある車輛や左右シンメトリーなツインターボの取り付けを希望するユーザー向けに、標準回転と逆回転の2つのバリエーションを用意しております。

G30 Compressor Aero

スピードセンサー

コンプレッサーハウジングには、サージングを低減するためにマシニング加工で製作されたポーテッドシュラウドが備えられています。同じくマシニング加工で製作されたスピードセンサーポートを備えており、オプションのスピードセンサーを装備することによりターボのシャフト回転速度を測定することができ、ターボの理想的な作動条件をセッティングするのに寄与します。
新設計のスピードセンサー※は取り付けが簡単で、従来のセンサーのように取付時、細かく調整する必要がありません。カバーを取り外して、スピードセンサーを挿入してボルトを締めるだけで装着できます。また、コンプレッサーハウジングとバックプレートの間にOリングを追加し、ブースト漏れの対策を講じております。
※Gシリーズ向けスピードセンサーは従来のGT・ GTX系に使用するセンサーとは互換性がありません。

センターカートリッジ

新設計されたモノブロックタイプのセンターカートリッジとバックプレートは、部品点数を減らすことにより、耐久性と製品の信頼性・安全性を向上させます。センターカートリッジとタービンハウジングはVバンドにより接続されるため、ウェイストゲートタイプのタービンハウジングの場合、取付角度を360°自由自在に回転させることができます。

Center Housing G30

ウォータージャケット

4箇所の大きなウォーター ジャケットを備えることによりターボの冷却能力が向上し、ウォーターラインの取付箇所が変更できるのでターボ装着の自由度が向上しております。6AN ウォーターラインフィッティング2個とメクラ蓋2個が標準で付属しています。
※ウォーターラインは通常センターカートリッジの対角線上を通るよう接続することを推奨いたします。

オイルライン

オイルインレットから加圧されたオイルを新設計されたオイルキャビティを通り、センターカートリッジ両端から適切にボールベアリングを潤滑します。
推奨油圧40 psi(276kPa) をターボに供給できるよう1 mmオリフィスを備えた4ANオイル リストリクターフィッティングが1つ標準で付属しています。

ホイールシャフト–ツインピストンリング

ショートベアリングカートリッジ(8mm デュアルセラミックボールベアリング)を採用することにより、ホイールシャフトの両側にツインピストンリングを装着することができました。これにより、センターハウジングからコンプレッサー側やタービン側へのオイル漏れの発生率が減少します。

タービンホイールエアロダイナミクス

タービンホイールは、ブースト圧とレスポンスを向上させるため全く新しいエアロダイナミクスを備えています。この新設計タービンホイールは、最高1050℃の排気ガス温度に耐えられる超合金Mar-Mで製作しています。
新型のタービンホイールはGTX GEN IIターボより流量が5%多くなっており、ピーク効率は74%です。

Turbine Wheel Aero G30

タービンハウジング

Gシリーズのタービンハウジングはステンレスで作られており、究極の耐久性と1050℃までの耐熱性を備えています。
タービンハウジングは、Vバンド、オープンボリュート、様々なA/R比をご用意しております。

Select your currency
JPY 日本円
USD 米ドル